小太郎ちゃんの梅と椿2011年02月19日 15:53

玄関横のささやかなスペースに今年も咲きました!
小太郎ちゃんとは7年間うちに居た白猫です。
この梅の下に眠っているのです。








晩白柚(ばんぺいゆ)2011年01月29日 23:38

熊本の方からのいただきもの。
しかし こんなに大きな ミカン(柚子ですよ!)は はじめて!


う~~ん たしかに 柚の香り~~
香りを たっぷり 楽しんだところで、、、


いただきまーす!
中身は しっかり 守られていました。
お味も 最高でした!!

不用品リサイクル2010年05月05日 14:36

Golden Week は いかがお過ごしでしたか?
えっ! まだ 続いている?

わたしは、「不用品おかたづけ」 漬けの日々でした。

一番苦手な おかたづけ!
終わりのない おかたづけ!

今日の午後
「えーい、思い切って処分しよう!」 と した茶色の皮のカバン。
30年近く前 楽譜用にしてました。
ファスナー開けると古いメモが。
「うぁー 懐かしい」と叫ぶわたし。
「あれ、そのカバン 捨てるの?惜しいな。もらおうかな」とダンナ。
結局、メモもカバンも箱から出しただけ でした!

そして、ゲタ箱整理。
自慢じゃないけど 去年からわたしの靴は 断固整理したのです。
それで ダンナの靴がターゲット。もともと物に執着のない人ですが 
一度も履いた形跡のない新品の皮靴3足が出てきたのにはびっくり!
ひとつは値札がついたまま。どうなってるの?
結局 これらも 処分の対象に。

気持ちと時間をかけながら、ゆるゆると おかたづけを続けていられるのには訳があるんです。

数年前、仕事の後輩たちとYちゃんの家に集まった時に、
話題が「おかたづけ」になり、横浜のKちゃんの実家のある町で 町ぐるみで 不用品リサイクルにとり組んでいる と聞きました。

大きな家具など以外ならなんでも送れて、品物は定期的なバザーに出し、使い古しのタオルや下着なんかも病院で使い、どうにもならぬものは捨てるそうです。
送り手は着払いで送れ、その費用はそれまでの収益で賄われるそう。

Kちゃんは私より18歳年下だけれど、若い時の私と身長・体重・靴のサイズもいっしょで、彼女にはそれまでも もう着なくなった服なんかで、まあまあなものを段ボールで送っていたのです。

こんなもの送って失礼はないか、考えてしまいますよね。
深く考えずにおかたづけができて、また、誰かの役に立てて 素晴らしいシステムですよね。管理・運営 ほんとうにお疲れさまです。
NHKテレビ「難問解決 ご近所の底力」そのものですね。

荷物送り先など知りたい方は
machiko@tangocristal.com まで メールを。